フィリップ・クローデルが大好きな自営業のおやじ

マンションの営業をやっています。最近はフィリップ・クローデルというフランスの作家にハマっていますが、主に小説や時事ネタを書いていこうかなと思います。

キリギリスの自惚れ

  • 2014/01/20 11:41

きりぎりす太宰治の短編「きりぎりす」を読了しました。内容は、売れっ子の画家になった旦那さんに奥さんが別れを告げるメッセージとして書かれています。なぜわかれるかというと、それまで自分の「美」を追い続けてきた旦那が売れっ子になって急に嫌な性格になってしまったから。金勘定のことばかりで人にへつらい、そのくせ影でその人の悪口を言う。。まさにいそうですね、こんな人。太宰さんの身近にはこういう人がいたのかもしれないですね。

あおぞら文庫で無料で読めるので、周辺にこういう成り上がりものがいるという方はぜひ→あおぞら文庫

 

コメントを残す