フィリップ・クローデルが大好きな自営業のおやじ

マンションの営業をやっています。最近はフィリップ・クローデルというフランスの作家にハマっていますが、主に小説や時事ネタを書いていこうかなと思います。

ビジネスの会話に疲れたあなたに

  • 2013/08/21 00:59

意味が無いとか理由がどうとか、論理で頭を覆われている人がいる。
私は営業をしているくせに、どちらかというと直感的で、そういう人とはあんまりお友達にはなれない。余計な話をはさむと、明らかにむっとしたような顔して酒をなめだす。
昨日一緒に飲んだお客さんがそんな感じだったから愚痴ってみました(笑)

そんな方に読んで頂きたい小説があるとすれば、太宰治の「佐渡」である。
佐渡ヶ島なんて行ってみてもなんにも無いんだろうなぁ、と無意味に旅行なんてしてみたら、見事に何にもなくてびっくりした、というお話です(笑)

無意味って何て素敵なんだろう!と、ぎすぎすした毎日を送る我々の窮屈な心に風穴をあけてくれる作品です。

コメントを残す