フィリップ・クローデルが大好きな自営業のおやじ

マンションの営業をやっています。最近はフィリップ・クローデルというフランスの作家にハマっていますが、主に小説や時事ネタを書いていこうかなと思います。

藤沢周平

  • 2013/05/08 10:57

これまで池波正太郎贔屓だったのだが、知人に勧められて藤沢周平を読んでみる気になった。

藤沢周平

藤沢周平といえばどちらかといえば優等生的な小説を書くイメージがあったのだが、今回読んだ「闇の穴」という短編小説では、良い感じにグロい内容も含まれていたので驚き。特にEDに悩まされるおじさんが、障害を持った幼女の肩に触れたとたんに何だか興奮してしまって、その娘をレイプして殺して死体を捨ててしまうというストーリーは驚きだった。

コメントを残す